スムージー

現代人に必須

現代人が摂るべき栄養成分

サプリメント

近年、健康情報に関するニュースなどの中で耳にする機会の増えた言葉に、オメガ3脂肪酸というものがあります。 脂肪酸とは食べ物に含まれる脂分、いわゆる脂質の構成要素です。 脂肪酸は炭素・水素・酸素などから構成されていますが、この炭素の結合の仕方によって2種類に分類されます。1つがオメガ6脂肪酸で、もう1つがオメガ3脂肪酸です。オメガ6脂肪酸の代表格はリノール酸です。コレステロール値を下げる成分として有名ですが、通常の食生活を送る限り不足する心配はそれほどありません。 これに対してオメガ3脂肪酸は現代人には不足気味で、サプリメントなども利用しながら意識してしっかり補給する必要があると言われています。 オメガ3脂肪酸にはDHA、EPA、DPAなどが含まれます。

多種多様な健康効果

オメガ3脂肪酸にはさまざまな効能があるとされていますが、中でもよく知られているのが中性脂肪やコレステロール値を下げる働きです。しかもリノール酸などと異なり悪玉コレステロールのみを減少させる効果があります。 また、DPAには免疫力をアップさせる効果があると言われています。特に花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和するとされています。 さらにDHAには脳の活性化に役立つことが知られています。DHAは脳内に達すると神経伝達物質の生産量を増やし、記憶力や学習能力を向上させるとされています。 今後研究が進むと予測されているのが、美容面における効能です。オメガ3脂肪酸には、ホルモンバランスを整える働きがあることが分かっています。そのため、アンチエイジングにも効果が期待できます。